山下設計の人材育成

私たちは、設計事務所の財産は「人」であり人材であると考えています。そのため山下設計は「人材育成」に大きな力を注いでいます。
ここでは山下設計の人材育成システムの一部を紹介します。

1.OJT室

建築意匠系(都市計画・インテリア等を含む)の入社1年目の社員はすべて本社の「OJT室」に配属されます。その後、次年の3月までの1年間、下記のプログラムに沿って設計の基礎を学びます。
尚、専門性の高い技術系(構造・電気・設備)およびコスト設計部採用社員は、当該部署の専門教育プログラムによる教育を行います。

計画的OJT

「経験」は力をつけるための近道です。OJT室の社員を1年間、3~4ヶ月ごとにプロポーザル、企画設計、基本設計、実施設計の各フェーズの仕事に計画的に配属します。1年ですべてのフェーズを経験することで、建築設計の全体の流れを早期に理解することができます。

設計の進め方ハンドブック

入社後3年程度で身につけるべき内容をチェックリスト化し、目標や進度を自己管理できる「設計の進め方ハンドブック」を整備しています。OJT室社員に配布して設計力の向上をサポートしています。

自己研鑽日制度

週に1日を自己研鑽に充てる制度です。自己研鑽日は具体の業務は行わず、仕事に役立つテーマを自主設定してその研究や学習を行います。


語学(英語)学習

会社主催で外部講師を招き、英語学習を週に1日、1年間行います。これにはOJT室以外の技術系等の新入社員も参加します。


ものづくり視察研修

1年間で2〜3回、1泊2日で全国各地の工場などものづくりの現場を訪れて、さまざまな建築資材や製品がどのように作られているのかを学習します。OJT室配属社員に加え、技術系社員、一般職採用社員もこの研修に参加します。

一級建築士取得支援

OJT室では、一級建築士の早期取得に向けたさまざまな支援を行います。特に製図試験合格に向けて、手描き図面研修、社内模擬試験と先輩社員による講評会を実施しています。
またその他にも、受験者に対する社外対策講座受講費用に対する融資も行っています。

ファミリー制度

具体の仕事の上司とは別に、すべての新入社員一人一人に対して、近い世代の社員から「ブラザー」や「シスター」を、さらにベテラン社員の中から「ファーザー」または「マザー」を決めます。彼ら「ファミリー」は業務以外の悩みごとなどを気軽に相談できる相手です。

2.入社研修制度

すべての新入社員を対象に、配属前の「入社時研修(4月中旬まで)」と、各部署配属後の「3か月研修(6月末まで)」を実施しています。
「入社時研修」では山下設計の歴史から始まり、ビジネスマナーやプレゼンテーションスキル、CADなど基本的な事項について、「3か月研修」では週に1日、各部署の先輩社員による研修を実施しています。

3.海外研修制度

入社3年目以上の社員を対象に、海外の設計事務所等への派遣研修を実施しています。海外事務所等との交流を深め、日本では得られにくい新たな視点を養うのが目的です。
社内応募・選考を経て希望する研修先に原則3カ月間派遣します。