PROJECT

石川県政記念 しいのき迎賓館 石川県金沢市

撮影 : 新建築社(1・2・4)、エスエス北陸(3・5)

設計コンセプト

 

大正13年(1924年)に完成した旧石川県庁舎本館の歴史的外観を残しながら、新たな文化を育む場として保存再生を行いました。保存部分は、外観と内部空間の意匠性、空間性を生かしてコンバーションを図り、北側の増築部分は金沢城、兼六園といった歴史的環境と向きあう場として、眺望の広がりを楽しめるガラス主体の透過性が高い空間としました。外から見たときは、歴史の重層性と新たな文化創造に向けた活動が見える空間とした。平成 22 4 10 日のオープン以来、平成 29 11 11 日には入館者が 400 万人に達し、オープンスペースでは年間を通して様々なイベントが実施されています。

 

構造 S造、SRC造(増築部地上)、RC造(保存部及び増築部地階)、基礎免震構造(保存部分)
階数 地上4階/地下1階
延床面積 4,867㎡
竣工年月 2010年3月
受賞 第21回ベルカ賞
2011年度グッドデザイン賞
第43回中部建築賞
第32回石川建築賞優秀賞
平成23年度照明普及賞
第17回いしかわ景観大賞知事表彰
第23回いしかわ広告景観賞
第33回金沢都市美文化賞特別賞