PROJECT

一宮市尾張一宮駅前ビル 愛知県一宮市

撮影 : 新建築社

設計コンセプト

 

市の玄関口であるJR尾張一宮駅に隣接する、図書館を主とした公共複合施設です。施設の中心に配置した3層吹抜けの“シビックテラス”(半屋外交流広場)は、市民の日常的な交流の場所となるとともに、複合する機能を結び付け、賑わいを発信する場所となっています。図書館をはじめ、すべての機能がシビックテラスに顔を覗かせることで、本・歴史・観光・イベント・子育て・ビジネスなどに関わる情報が、市民の知的好奇心を誘発します。図書館とシビックテラスを中核とした、中心市街地の活性化に寄与する新しい駅前空間が賑わいをもたらしています。

 

構造 S造
階数 地上7階
延床面積 21,406㎡
竣工年月 2012年9月
受賞 日本建築学会作品選集2016
2013年度日本建築家協会優秀建築100選
公共建築賞・優秀賞
中部建築賞
グッドデザイン賞
愛知まちなみ建築賞大賞
IES Illumination of Awards/Award of Merit
照明普及賞