PROJECT

霞が関ビル 東京都千代田区

撮影 : 川澄・小林研二写真事務所

設計コンセプト

高さ147メートル36階建て、日本で初めての超高層ビルとして知られる霞が関ビルは、2018年には竣工50周年を迎えました。 それまでは、ビルの高さは31mまでに制限されていましたが、1960年代に建築基準法をはじめとした制度や法律の改正が行われ高さ31mを超える高層ビルの建設が可能となりました。 当時に開発された数多くの新しい技術は、その後の超高層ビル建設の一般的な技術として受け継がれています。

構造 S造/SRC造/RC造
階数 36階/地下3階
延床面積 153,223㎡
竣工年月 1968年4月
受賞 第28回ベルカ賞ロングライフ部門
昭和43年度日本建築学会賞(業績)
第10回BCS賞