PROJECT

当麻町木育拠点施設 くるみなの木遊館 北海道上川郡当麻町

設計コンセプト

まちづくりのテーマである「木育」を担う中心施設です。「木」に関する情報発信の場、「木」を利用した人材育成の場、「木」を通した交流人口の拡大の場、「林業」の発展の一角を担う場として、町の森林資源を「木育」を通して生かしていくための施設です。子どもからから専門的な木工加工を行うシニアまでの幅広い世代の利用を想定し、「木」の質感を生かした遊具・おもちゃ、あらゆる種類の木工機械を備えています。 地元産材を使い、主たる架構を新木造在来構法によるシンプルな軸組みで表現し、当麻の「木」を認知できるようにしています。

構造 W
階数 1階
延床面積 1,147
竣工年月 2016年3月
受賞 キッズデザイン賞
北海道照明施設賞