PROJECT

当麻町役場 北海道上川郡

撮影 : 新建築社

設計コンセプト

当麻町は豊富な森林資源を積極的に活用するため、木造建築の普及と林業の活性化を推進しています。そこで本計画では、地産地消による地元で施工可能な木造の庁舎を実現するため木造在来軸組構法を採用しました。構造材のほか造作家具や仕上材にいたるまで、全て町産の木材を利用しています。
執務室は、柱や中間梁に心持ちのまま製材された120mm角のカラマツ無垢材を使用し、3.64mの基本モデュールを連続することで、執務室の部門間の連携を促進する見通しの良い大空間を木造で実現しました。

 

構造 W造
階数 2F
延床面積 2,669㎡
竣工年月 2018年11月
受賞他 グッドデザイン賞 2019