PROJECT

当麻町役場 北海道上川郡

撮影 : 新建築社

設計コンセプト

当麻町役場は、「一般流通材による大空間の実現」を目標に、地元で施工可能な地産地消の公共施設の実現のため、木造在来軸組構法を用いた計画です。構造材、造作家具や仕上材に100%町産材を活用しています。執務室は、部門間の連携を促進するため、見通しの良いワンルーム空間としました。執務室の柱や中間梁に心持ちのまま製材された120mm角のカラマツ無垢材を使用し、3.64mの基本モデュールを連続することで大空間を確保しています。柱が部門間の緩やかな境界としての役割を持ち、従来とは異なる質を持った役場となっています。

構造 W造
階数 2F
延床面積 2,669㎡
竣工年月 2018年11月
受賞他 グッドデザイン賞