愛知医科大学 新病院棟愛知県長久手市

設計コンセプト

名古屋市郊外の大学キャンパス内における附属病院の改築計画である。本計画では、病院に加え、附属研究施設等の建て替え計画まで含めた、キャンパスマスタープランの策定も同時に行った。新病院では「生活時間の最大活用:治療・教育などすべての人の時間を大切にする環境づくり」「医療の可視化:医療に関連する情報を共有できる環境づくり」「地域との協力:役割分担と連携による地域貢献できる施設づくり」の3つを計画のテーマに掲げて設計に取組んだ。

構造
SRC造/免震構造
階数
15階/B1階
延床面積
88,649㎡
竣工年月
2014年4月
受賞

医療福祉建築賞2016
照明普及賞優秀施設賞2010年

撮影:エスエス