業務内容

教育

小子社会を迎えた近年、学校をとりまく環境は大きな変革期にあります。
入学志願者の減少、定員割れなどにより、学校間競争が激化し、学校運営の効率化と迅速化、差別化が急務とされています。
更には学力低下に対する教育方針の転換、中高一貫校や総合学科の増設など学習プログラムそのものも多様化してきました。
一方、教育とは、一人ひとりの力や可能性を大切に育て、人格の形成に寄与することが、その根底にあります。
教育施設を計画すること、それは教育プログラムを実践する空間を具現化することにありますが、単に学習の場をつくるだけでなく、学校が位置する自然環境、社会環境を享受しながら、各人が個を見つめ、協働の体験を得る生活の場をつくることに他なりません。
わたくしたちは、その土地その地域に息づく生命感のある教育施設を目指してきました。時代が変化し続けている今、変化に順応する建築がこれまで以上に重要であると考えます。

page top