業務内容

環境環境配慮型ファサード

遮蔽性能の高いガラス・外壁の採用や、空気により熱を窓部から排出するエアーフローウインドウを採用し、建物の外皮から室内に入る熱を削減します。
関東自動車東富士総合センターでは、南面ファサードでは斜め庇と引き違い窓により日射負荷削減と自然通風を両立し、北面ファサードはガラス方立フルハイトサッシとバルコニーにより自然換気システムとして機能します。
富士通ソリューションスクエアでは、日射の影響が大きい外壁はダブルスキンを採用し、エアフローを利用することで外部からの熱負荷の影響を最小限に留めています。

page top