PROJECT

新丸の内センタービルディング 東京都千代田区

撮影 : 中川敦玲

設計コンセプト

東京駅前における街区全体開発(丸の内オアゾ)の一棟である。総合設計制度と連担設計制度の適用により、棟単独で1600%を越える容積率を実現した。「最上級のテナントオフィス」をコンセプトに、執務形態の変化への追従、個別の設備増強や専用情報シャフトの対応など、機能拡張性を重視して計画した。外観では、街区の担う都市の記憶の継承と、隣接する街区内の唯一の既存建物である丸の内センタービルとの兄弟性を考慮した。

構造 RC造/SRC造
階数 25階/B3階/PH2階
延床面積 45,629㎡
竣工年月 2004年9月
受賞 JIA優秀建築選 2006年10月(丸の内オアゾとして受賞)