PROJECT

稲敷市立新利根小学校 茨城県稲敷市

撮影 : エスエス

設計コンセプト

稲敷市は茨城県南部に位置する、霞ヶ浦と利根川に囲まれた水郷地域である。本計画は、児童数の減少に伴う学校再編により、三つの市区の学校を一つに統合した新設校である。
私たちは、異なる地区から集まる子供たちや先生、地域の人々にとって、新しいコミュニティの核となる学校の実現を目指した。
小学校建築の根幹は、「コミュニケーションのための様々なステージづくり」と考える。私たちはそれを実現する有効なツールとして、特に図書館機能に着目した。今日の小学校図書館の多くは、「日常的に施錠されており、子供たちが自由に使えず、色あせた古い蔵書ばかりで、授業で活用するには難しいことが多い」(国立国会図書館月報より)という課題を抱える。
本計画では、従来の閉じられた図書館を学校の中心に据え、子供が気軽に立ち寄れるオープンな構成とした。「図書館が学校生活の中心にある」ことで多様な授業運営や、学級や学年を超えた子供たちの日常的な交流と、知的好奇心を誘発するのではないかと考えた。

構造 RC造/一部S造
階数 2階
延床面積 6,918㎡
竣工年月 2014年7月
受賞 グッドデザイン賞2015年