PROJECT

総合せき損センター 福岡県飯塚市

撮影 : カ・ドーロ

設計コンセプト

これは、脊椎・脊髄疾患患者のための専門病院であり、救命救急等の急性期医療からリハビリテーション、社会復帰までの一連の医療を一貫して提供している。
疾患の特徴から、患者の平均在院日数が長くなるため,急性期病院で求められる迅速かつ効率的な医療の提供に加え、患者自身の自然治癒力や社会適応力の向上をサポートする環境づくりが大切になる。
そこで、「病室=家」、「廊下=街路」、「中庭=公園」、「体育館=公共施設」、「バスターミナル=都市空間」といったように、病院全体を「ちいさなまち」に見立て、建物の内外を問わず、院内のすべての場所が患者の社会復帰に向けたリハビリテーションの場となるような空間づくりを目指した。

構造 RC造/一部S造
階数 3階
延床面積 21,207㎡
竣工年月 2014年3月
受賞 2015年度医療福祉建築賞