PROJECT

立教学院ポール・ラッシュ・アスレティックセンター 東京都豊島区

撮影 : エスエス東京

設計コンセプト

都心型キャンパスの使命である立地スペースの有効化を実現するため運動空間4フロアを積層した都市型積層体育館である。
2つのアリーナ(大学用・中高用)、屋内50mプール、テニスコート6面、フットサル場などサブアリーナ5室を持つ。
大学アリーナと屋内プールを総地下とし建物高さを抑えることで、近隣に配慮するとともに中高グラウンドと屋上テニスコートの同一レベル化を実現した。施設は中高エリアと大学エリアを明確に区分し、動線の交錯がない構成としている。
中高アリーナとその周辺諸室は視覚的な繋がりもった一体空間とし構成し、様々な場所からアリーナでの活動が見渡せ、生徒のスポーツへの興味・好奇心を誘発する、新たな交流を生みだす活気のあふれる空間が生まれた。

構造 SRC造/S造
階数 5階/B2楷
延床面積 14,729㎡
竣工年月 2013年1月