PROJECT

川崎市立井田病院 神奈川県川崎市

設計コンセプト

結核病院から始まり、ながく慢性期医療を中心に地域医療のニーズに応えてきた本院の、高度かつ専門性の高い成人疾患医療を担う病院としての機能の再整備が、本プロジェクトのテーマである。
現病院を運営しながらの現地建替え計画であることから、仮設建物が不要で、さらに診療機能の継続性と患者や職員の安全確保のため、工事エリアと既存診療エリアを完全に分離することが可能な建替計画を立案した。
市民病院として利用者に親しまれる病院を目指し、敷地内の積極的な緑化など、特別緑地保全地区である井田山特別緑地保全地区(中原市民健康の森)や井田平台特別緑地保全地区などの周辺の豊かな自然環境と一体となった、潤いのある療養環境を創出した。

構造 RC造/免震構造
階数 7階
延床面積 32,707㎡
竣工年月 2015年1月(二期)