PROJECT

岐阜市民病院 岐阜県岐阜市

撮影 : エスエス名古屋

設計コンセプト

岐阜市民病院では、高度で専門的な医療を提供し、救急医療の充実、地域医療機関との連携を積極的に推進するとともに、環境に優しい施設と患者中心の医療提供体制を整備した。
計画においては、仮設病棟を建設することなく現状の駐車台数を確保することが重要であった。そのため、既設西病棟の上空に先行して病棟を建設するメガトラス工法を採用し、工期短縮と仮設病棟を建設しない計画を実現した。上部病棟完成後、既設西病棟の患者を移動させたのち、解体し低層部の建設を行った。
現在、既設中央診療棟の改修工事、玄関棟の増築工事、外来棟の解体とその跡地への立体駐車場の建設、ポケットパークを含む外構整備が進められている。

構造 S造、免震構造
階数 地上11階
延床面積 28,965㎡(全体59,526㎡)
竣工年月 2013年3月
受賞 日本免震構造協会技術賞(日本免震構造協会) 2014年6月