PROJECT

NHK放送センター 東京都渋谷区

設計コンセプト

昭和33年、将来の放送事業発展に対処するため、テレビ番組制作の中心拠点となるテレビセンターの建築計画をまとめ、昭和38年より3期にわたり、10年の歳月を費やしたプロジェクトである。

1期は昭和39年オリンピック東京大会の放送センターとして間に合わせ、第3期には高層本館を含む総合整備工事と新NHKホールの新築により昭和48年に完成した。

竣工して40年変化の激しい放送機能にも迅速に対処し充実され、また、内外壁も含め損傷もほとんど見られず良好なメンテナンスが施され、大切に維持管理されている。

構造 RC/S造
階数 23階/B1階/PH3階
延床面積 63,430㎡
竣工年月 1973年10月
受賞 JIA 25年賞一般建築部門 2004年10月<br /> BCS賞 1974年<br /> 日本建築学会賞 1973年