PROJECT

名古屋第二赤十字病院 愛知県名古屋市

撮影 : エスエス名古屋

設計コンセプト

愛知県及び名古屋市より災害拠点病院に指定され、広域の人々に高度急性期医療を提供している本病院の敷地内建替計画であり、三期にわたる工事計画に沿って、2007年3月に完成した。
第一期の救命救急センター、第二期の第三病棟、第三期の研修ホール棟と既存病棟のリニューアルといった全ての工程で、継続する診療に影響がないよう設計段階で綿密な計画を立案した。様々な制約の中で、仮設計画や設備関係の盛り替えについても無駄を省き、短期間で完成する合理的な建替え計画とした。

構造 SRC造
階数 9階/B2階
延床面積 76,115㎡
竣工年月 2007年3月
備考 816床