PROJECT

ラゾーナ川崎プラザ 神奈川県川崎市

撮影 : 大野繁(1・3・4)、エスエス東京(2・5)

設計コンセプト

「屋根に覆われた町」をコンセプトに東芝発祥の地である東芝川崎堀川町工場跡地の再生プロジェクトである。駅前でありながら閉鎖的であった工場エリアを、商業・住宅・オフィスの複合機能へと土地利用転換を図ることにより川崎市の新しい顔として、街そのものの活性化をリカルド・ボフィルとのコラボレーションにより実現している。
工場時代より親しまれてきた桜等、樹木の再利用や、多くの緑を配置し、再開発街区のみならず周辺との「みどりのネットワーク」を形成している。

構造 RC造、S造、PCaPC造
階数 5階/B1階
延床面積 172,703㎡
竣工年月 2006年8月
備考 企画・基本設計・実施設計監修(外装デザイン)・監理監修(外装デザイン):山下設計・RICARD BOFIL TALLER DE ARQUITECTURA<br /> 設計・監理:清水建設一級建築士事務所