PROJECT

紀尾井ホール 東京都千代田区

撮影 : 新建築社

設計コンセプト

歴史と文化の薫り高い千代田区紀尾井に立地する紀尾井ホールは「伝統の継承と進化」をコンセプトに、音楽ホールとして洋楽と邦楽の双方で殿堂になることを目指した。敷地条件の制約により、1~4階のコンサートホール(800席)、5~6階の邦楽ホール(250席)、さらには7階の迎賓施設を重ねた積層構成を採用した。そのため、同時使用を可能にする各施設間の遮音性能には最新の注意を払い、浮き構造、遮音層の設置などにより解決した。 コンサートホールは、「天空から降り注ぎ、地から湧き上がる音」を求め、欧州の伝統を規範とし進化させることによって、濃密な響きを持つシューボックスの音響空間をつくりあげた。また、邦楽ホールは邦楽演奏者からのヒアリングなどをもとに、日本の響きにふさわしい芸術空間を形成した。

構造 S造/SRC造/RC造
階数 7階/B2階/PH1階
延床面積 12,626㎡
竣工年月 1995年1月
受賞 建築士事務所協会建築作品賞優秀賞 1995年10月<br/> グッドデザイン賞 1995年9月