PROJECT

北海道洞爺湖サミット国際メディアセンター 北海道虻田郡

撮影 : 高崎建築写真工房

設計コンセプト

北海道洞爺湖サミットのメディアセンターと首脳会見場の機能を担う期間限定建築。「環境」をテーマとしたサミットの施設として、北海道の自然景観との調和とエコを表現した。積雪利用の雪冷房、間伐材利用のルーバーに北海道の植生を再現した植栽による壁面緑化、コンクリートや杭を使用せず産業廃棄物ゼロの基礎工法、すべて再利用材で構成した躯体など「環境に配慮した建築」を世界に発信した。サミット終了後は、使用資材のリユース・リデュース・リサイクル(=3R)率99%(重量換算)を達成した。現在現地は開催前の元通りの雄大な自然に戻っている・・・。

構造 S造
階数 2階
延床面積 10,878㎡
竣工年月 2008年5月
受賞 第30回エンジニアリング功労者賞(主催:(財)エンジニアリング振興協会)[2010/6]<br />

日本建築家協会優秀建築選2009(主催:日本建築家協会)[2009/10]<br />

グッドデザイン賞(主催:(財)日本産業デザイン振興会)[2009/10]
備考 基本計画・設計監修・工事監理:国土交通省北海道開発局営繕部、山下設計